勧誘しないネットワークビジネス集客法!

ONIX(オニックス)の報酬プランについて簡単にまとめてみた!!

オニックス

誰でもネットワークビジネスを始める際に最初にぶつかる壁は何でしょうか?

ビジネスの勧誘の仕方、クロージング、成約後のダウンの面倒、ビジネスをやるモチベーションの維持等問題を挙げたらきりがないのですが

なんといっても最も頭を悩ませるのは報酬プランではないでしょうか?

自分も動画を何回も見てはいるものの理解にものすごく時間がかかり、たとえ理解できたとしても時間が経てば忘れてしまうことが多々ありました。

そこで、ブログにアウトプットすることによって、報酬プランの理解を確実なものにしようと思い立った次第です。

また、この記事を見てる人たちにとっても報酬プランに拒絶反応を起こさないよう、分かりやすく伝えることができればと思ってます。

今回は自分が興味を持ったONIXの報酬プランについて説明していこうと思います。

ONYXの報酬プランを考える上で欠かせないパックとは?

報酬プランの説明を始める前に簡単にパックの説明をさせて頂きます。パックの違いによって報酬にも差がでてくるので、パックの理解は重要になります。

パックは全5種類でフィーチャー、プリファード、エリート、ブラック、リザーブパックから構成されます。

初期費用に応じて購入できるパックが決まってきて、パックを購入後のパックの変更も出来るので、安心ですね。

表はビジネスに関する初期費用と付与されるブロック数について説明しています。
ブロック数については以下の記事を参照してください。

オニックス(ONIX)という投資とMLMが融合したビジネスが斬新すぎる

ONIXの報酬形態は大きく分けて4つに分類される

リファラルファストスタートボーナス

リファラルスタートボーナスとは、ビジネスの参加に対する紹介料だと思ってください。

今回はエリートパックで始められる人が多いので、自分と紹介した全員もエリートパック(1500$)を購入した場合で考えていきます。

➀直紹介した人(上図でA)が購入した金額の15%をあなたは受け取る事が出来ます。今回は全員がエリートパックを購入という前提で話を進めているため、1500$×0.15=225$貰えます。

➁またあなたの紹介者が2階層になった場合、つまりAさんがBさんを紹介できた場合、Aさんが直紹介で得た報酬の50%を獲得する事ができます。➀より直紹介では225$貰えることがわかりましたので、この額の50%の112.50$があなたの手元に入ります。

➂更にあなたの紹介者が3~4階層まで伸びた場合は、3~4階層目の人が得た報酬の10%を獲得する事ができます。➀より直紹介では225$貰えることがわかりましたので、この額の10%の22.5$があなたの手元に入ります。

➀+➁+➂がリファラルスタートボーナスとして貰える報酬になります。

バイインフィニティボーナス

バイインフィニティボーナスは最低2人紹介者を出して初めて受け取ることができるバイナリー報酬になります。

バイナリー報酬とは必ず左右のどちらかにしかつけられません。あなたがEさんとFさんを紹介するまでは自分の左右に置くことができますが、新たにGさんを紹介しようと思った場合、自分の直下にはつけることができないので、EさんかFさんの左右にしかつけることができないということです。

パックの種類によって貰える報酬金額の割合が変わるのですが、エリートの場合だと、左右でボリュームが少ないレッグの売上の20%を獲得することができます。

このボーナスはあなたがパックを購入してから6カ月間毎週受け取ることができます。

また6カ月以上経っても、左右にアクティブなユーザー(ビジネスを初めて2ヶ月目以上の人)が3人ずつついた場合に貰うことができます。
(※パックの種類によってボーナスが貰えるアクティブユーザーが変動します)

売上には何が含まれるのかを説明すると

(ⅰ)購入パックの65%

(ⅱ)月会費38$(2ヵ月目からかかる費用)

(ⅲ)ビットコインの貸付に使われてる手数料(ブロック1つにつき20ドル)

以上になります。

売上の内容を元に上図ではバイインフィニティボーナスがいくら貰えるのか説明していきます。

全員がエリートパックを購入した上図の組織が今週できあがったと仮定します。

まず左系列にはE、F、Gさんが3人いるので

(ⅰ)1500$×0.65×3(人)=2925$

(ⅱ)については今週紹介した人たちのため月会費は発生しないため0$

(ⅲ)については全員が100ブロックの貸付を行ってると想定しているので100×20$×3(人)=6000$

以上の総和より8925$が左レッグの売上になります。

また右系列にはH、Iさんがいるので

(ⅰ)1500$×0.65×2(人)=1950$

(ⅱ)については今週紹介した人たちのため月会費は発生しないため0$

(ⅲ)については全員が100ブロックの貸付を行ってると想定しているので100×20$×2(人)=4000$

以上の総和より5950$が右レッグの売上になります。

先述したように左右でボリュームが少ないレッグの売上の20%を獲得するので、右系列の売上の20%
5950$×0.20=1190$があなたのバイインフィニティボーナスになります。

次に月会費が発生するシチュエーションについて考えてみます。
1か月後にHさんの左系列にJさんがついたとします。

左系列にはE、F、Gさんが3人いるので

(ⅰ)購入パックの売上の支払いは終わってるため0$

(ⅱ)については38$×3(人)=114$

(ⅲ)については全員が100ブロックの貸付を行ってると想定しているので100×20$×3(人)=6000$

以上の総和より6114$が左レッグの売上になります。

右系列にはH、I、Jさんが3人いるので

(ⅰ)Jさんがパックを購入したため1500$×0.65=975$

(ⅱ)については38$×2(人)=76$

(ⅲ)については全員が100ブロックの貸付を行ってると想定しているので100×20$×3(人)=6000$

以上の総和より7061$が右レッグの売上になります。

左右でボリュームが少ないレッグの売上の20%を獲得するので、左系列の売上の20%
6114$×0.20≒1229$があなたのバイインフィニティボーナスになります。

ボリュームと聞くと人数と勘違いしてしまう人がいそうですが、あくまで売上ですので、紹介した人が購入するパックによって人数が少なくても売り上げが大きくなったり、その逆もあり得るのでバイインフィニティボーナスを計算する際は注意が必要ですね。

中々発生しないとは思いますが、週に250000$以上報酬が発生した場合は超過額が来週に繰越になります。

ジェネレーションマッチングボーナス

このボーナスを考える際は一旦バイナリーのように左右に組織をつけることを忘れてください。

あくまで自分が紹介した人は自分の下につくイメージです。

上図ではあなたの直下にKさん、Lさん、Mさんがいて、KさんはNさん、Oさんを紹介して、MさんがPさんを紹介した場合を表してます。

他のネットワークビジネスでは直紹介のことを一世代とかいいますが、このビジネスでは4800$以上のバイインフィニティボーナスを獲得してる人(上図ではPさん)を第一世代といいます。

そしてあなたにはPさんが4800$のバイインフィニティボーナスを貰ってたと仮定すると、この10%(=480$)がジェネレーションマッチングボーナスとして貰えます。

世代に関しては最大5世代まで貰うことができ、組織が大きくなってくるとこのボーナスが重要になってきます。

このボーナスに関しては詳しい情報があまりのっていなかったので、より具体的な内容が分かり次第更新していきます。

グローバルボーナスプール

ビジネス全体の月々のサービス料とブロックの料金の10%を合計10個のプールに割り当てます。

これがどういうことかというと、全体の売上が10億円だったとするとその10%、つまり1億円を10個のプールに割り当てます。

プールというのはバイインフィニティボーナスをある一定の数字以上獲得している人たちだと認識してください。

4800$以上稼いでる人達のプールに100人いる場合、1億円を100人でわけあうので一人頭100万円のボーナスが貰えます。

まとめ

以上がONIXの報酬プランの説明になります。

リファラルスタートボーナスが個人報酬で、バイインフィニティボーナスは自分が組織の中心になり獲得した組織報酬という感じですね。

バイインフィニティボーナスが他のボーナスに絡むことが多いので、稼ぐには個人で集客を行うというより、チームで集客を行うことを優先したほうがいいと思えました。

リファラルファストスタートボーナスとバイインフィニティボーナスについては、パックの種類によって貰える金額が変わってくるので、これから始められる方はどの人がどのパックを購入したかも考える必要がありそうですね。

タイトルとURLをコピーしました