勧誘しないネットワークビジネス集客法!

ネットワークビジネスのリゾネットは危ないって本当?

ネットワークビジネス


寝ている間にダウンをざっくざく集められる魔法のような方法とは?

「リゾネット」は、旅行商材をメインとしたネットワークビジネスです。

紹介を受ける場合、「登録して安く旅行をしたり、権利収入を得たりしませんか?」などの言葉を聞くことになるはずです。

ここではそんなリゾネットの特徴を見ていきましょう。

ネットワークビジネスのリゾネットの仕組み【本当に稼げるの?】

リゾネットが提供するリゾート会員権である「トリニティクラブ」に登録すると旅行の代金が安くなります。

具体的には、ホテルや飛行機の席のグレードが変わらない(もしくはほぼ変わらない)のに、旅費が5000~15000円ほど値引きされます。

ですが、リゾネットへの登録費用が約13万円。

さらに月額の会費も1.2万~1.3万円。

したがって、最初の1年は30万円近くかかると考えてください。

また、2年目以降も「月額会費×12カ月」で15万円程度はかかります。

ですから「旅行だけで会費を回収する」のはかなり厳しいです。

ですが、自分の紹介で誰かが会員になれば「初回3万円+月々3500円」が獲得できますので、「ネットワークビジネスがやりたくて、旅行も好き!」というのであれば挑戦してみても良いかもしれませんね。

リゾネットは「ネットワークビジネス特有」の処分を受けたことがある

しかし、リゾネットは勧誘の仕方がマズいせいで、過去に「一部業務停止命令(3カ月)」の処分を受けたことがあります。

例えば

・会員が10万名になったら新規登録をストップする(実際にはしない)

・「ネットワークビジネスの紹介です」と最初の段階で伝えない

・勧誘の仕方が強引(セミナーを3時間開いてから、紹介をしつこく行うなど)

などの問題行動を、リゾネットのメンバーがしていたそうです。

まあ、行政処分が下されるのも当然ですよね。

ですが、これはあくまで「会員・紹介方法」に問題があっただけであり、「リゾネットの仕組みそのもの」は完全にクリーンです。

もしもあなたがリゾネットのネットワークビジネスに取り組むのであれば、「被紹介者に迷惑をかけないこと」と「法律・条令に違反しないこと」を意識してくださいね。

まとめ

「旅行だけ」が目当てでリゾネットに登録するのはおすすめしません。

ですが「旅行も!ネットワークビジネスも!」というのであれば、挑戦する価値は十分あると思います。

ただし、「行政処分を受けたことがある」というせいで、リゾネットのイメージが悪くなっているという事だけは覚悟しておく必要があります。


財布の中身が寂しい人必見!!定期購入が必要のないビジネスとは?

タイトルとURLをコピーしました