勧誘しないネットワークビジネス集客法!

会社にばれずにネットワークビジネスを始める方法

ネットワークビジネス

ネットワークビジネスを始める人は、最初は少しでも稼げればいいなと思って始める人が多数だと思います。

ネットワークビジネスは積立式の権利収入タイプなため、年金や貯金の利息のように最初はそれだけでの生活は困難だといえます。会社員をしながら空いた時間にネットワークビジネスをしたいけど、会社にばれた場合って会社をクビになるのではないか?と不安に思い始める場合があると思います。

そこで会社にばれないでネットワークビジネスを始める方法について説明していきたいと思います。


まだ、毎晩緊張しながら友達に電話しているのですか?もう不要です

ネットワークビジネスを会社に内緒で始める方法

まず、なぜ会社にばれるかばれないかを気にするがでてくるかといいますと、多くの会社の就業規則で副業禁止とかかれているからだといわれています。会社にばれると最悪の場合『解雇』ということにもなりかねません。そこで、会社にばれない方法はどういったものがあるのかを説明していきます。

土日のみ活動する

通常の会社勤務のかたは月曜から金曜まで働きますので、空いた時間、尾つまり土日をネットワークビジネスに回すことができれば、ばれることが少ないです。

ただ、どうしても平日にも活動しなければいけない場合につきましては、家庭の事情を理由にして、残業を断るなどの工夫が必要です。

インターネットやスマホを利用する

電話とか実際に会っての営業活動をしていると、時間がかかり、会社に怪しまれる可能性があるます。その点、インターネットやスマホを利用していると、余程のことがない限りインターネットビジネスをやっていることがばれることはありません。

今は、ネットワークビジネスをインターネットでやっている会社やグループもあるので、できる限りインターネットを活用するビジネスを推奨する会社を選ぶといいでしょう。

月収を20万円以下にする

サラリーマンの収入以外の副業で、所得が20万以上になると、確定申告が必要になり会社にばれる可能性があります。ですから、月収20万以内に抑えるようにすれば良いです。

確定申告の住民税支払い方法を『特別徴収』に

確定申告をする場合、住民税の支払い方法を会社の天引きではなく、自分で納付すれば会社にばれることはありません。これを『特別徴収』といいます。しかし、これを『普通徴収』に〇をつけてしまいますと、会社にばれる可能性があるので気を付けましょう。

会社にばれないのはいいけど・・・

 
会社にばれないように、内緒で活動していると自分にリミッターをかけることがあります。

そのリミッターとは『ばれない為に稼ぎすぎてはいけない。程ほどに稼ぐ』という点です。

そのような思いがあると、潜在意識が働き、行動が縮こまるため、ばれるばれない以前に成功できなくなってしまいます。ネットワークビジネスで大成功を収めようとすると会社にばれてしまう、逆に会社を気にしすぎてしまうと大胆なビジネス活動ができないという。。

なんとも皮肉ですね。。このマインドは非常にビジネスで重要で、飛躍すれば生き方にすら関わってきますのでしっかり考える必要がありそうです。

夜遅くまでセミナーと親睦会でクタクタにならなくて良い方法!

 

タイトルとURLをコピーしました