勧誘しないネットワークビジネス集客法!

無職の人も要注意!不労所得にかかる税金について

不労所得

財布の中身が寂しい人必見!!定期購入が必要のないビジネスとは?

今は「無職」に分類される人であっても、ネットビジネスなどで不労所得を確保できる時代になりましたね。

ここでは、そんな「無職の人の不労所得にかかる税金」について解説していきます。

無職なんだから大丈夫……と確定申告をしないでいると損をする恐れがあるので、ぜひ最後までお読みください。

無職の人が得た不労所得にかかる税金の考え方はシンプル

無職の場合は、ネットビジネスなどによる不労所得が1年間で38万円以上になると、確定申告をして税金を支払う必要があります。

大まかなルールはこれだけなのでかなりシンプルです。
月に2万円を超える不労所得が発生するようになったら、税金のことも考え始めたいところですね。

ちなみに、(不労)所得とは、「全体の収入-経費」のことです。

例えば、アフィリエイトで稼いでいるのであれば、通信費やパソコン代などを経費として扱うことができます。

そのため、38万円以上の利益が出るようになったからといって、必ずしも税金を支払う必要があるわけではありません。

無職で不労所得が年間38万円以下だったときは税金のことを考えなくていいの?

無職の方がネットビジネスに取り組んでも、最初の1年くらいは軌道に乗らず、不労所得が38万円以下になってしまう可能性が非常に高いです。

その場合、確定申告をしなくてもいいのでしょうか。

結論から言うと、「する義務はないが、した方がいい」ということになります。

詳しい理由は長くなるので割愛しますが、例えば確定申告をすることで住民税が低くなるかもしれません。

確定申告をしなくても、収入が低ければ住民税を下げてくれるエリアもありますが、そうでない地域もあるので、やはり確定申告はしておくべきです。

また、確定申告をしておいた方が、国民保険料関連の処理が迅速に進行する場合もあります。

それから、場合によっては還付金が発生するかもしれません。

そもそも、「時間と労力がかかる」ということ以外に、
「無職で不労所得が38万円以下の人」が確定申告をするデメリットは、ほぼありません。

また、近年は確定申告を手軽に行える体制が整っているので、時間と労力がかかるとは言ってもそれほど大変ではありません。

まとめ

無職の方でも不労所得があれば税金を支払わなければならないという事がお分かりいただけたのではないでしょうか。

また、「税金を納めるレベルの不労所得ではない」としても、確定申告をする利点はかなり大きいので必ず行いましょう!

タイトルとURLをコピーしました