勧誘しないネットワークビジネス集客法!

モリンダの良くない噂について調べてみた!

モリンダ

モリンダというと、怪しい商売だとか詐欺だと思っている人が少なからずいると思います。

しかし、実際モリンダは怪しいのでしょうか?なぜ、怪しいと思ってしまうのでしょうか。
その辺について調べてみました!


製品の買い込みをせず、赤字や借金をする必要がないビジネスとは?

怪しいとはどういう意味なのか?

怪しいという言葉を辞書で調べてみると

・異様である。

・普通と違っていて変だ。

・はっきりしていないので、信用できない。

・不安定である。

・正体が分からなくて気味が悪い。

などが挙げられます。

モリンダは今までのビジネスモデルと違い、主婦でも高収入を得られるといったことや、働く時間も自由である点から普通とはいいがたいです。

しかし、そのシステムをはっきり理解できておらず、気味が悪く思っている人が多いと思います。なので、確かにモリンダは怪しいといえるかもしれません。

実際のところ、普通じゃないから煙たがられるし、とても好かれるのかもしれません。

そもそもモリンダは違法であるのか??

もし、モリンダが違法であるのならば、怪しいか怪しくないとかの話ではなく、ただ行政処分、検挙される問題です。

しかし、実際モリンダはねずみ講でもありませんし、違法な商売でもありません。

その法的根拠に興味ある方はぜひご自身で調べてみてください。

違法でないのなら、なぜここまで怪しまれるのか?

では、なぜ怪しまれるのか、その理由について考えてみましょう。

まず、モリンダに関わる人は、熱狂的であり、とてもポジティブであり、信仰的な人が多いです。

そういう人たちをみて、「何か変わっている」「気味が悪い」「異様だ」と感じるのは理解できます。

それをまとめて怪しいという言葉でひとくくりにしてしまっているのではないかと思います。

まとめ

これまでの話から結論、モリンダは怪しいといえるかもしれません。

しかし、それは「違法な商売」「悪いビジネス」という悪い意味ではなく、「普通とは違う」「異様だ」「魅力的である」という意味です!

怪しいという印象は、受け手によって良くも悪くもなるので、一番大事なことは、自分の目と耳で実際に確認してみることです!

セミナーに参加するのがおすすめです。ネットの情報に流されず、自分を信じましょう!


強引な商品説明をすることなく、 見込み客を増やしていく方法!

タイトルとURLをコピーしました