勧誘しないネットワークビジネス集客法!

競馬による不労所得にかかる税金|「規則」と「実態」は異なる……?

不労所得


財布の中身が寂しい人必見!!定期購入が必要のないビジネスとは?

ここでは、競馬で発生する不労所得にかかる税金に関して解説していきます。

「そんなこと考えるほど稼げているわけじゃないよ……」という人にとっても、完全に無関係というわけではありませんので、ぜひご覧ください。

競馬で発生する不労所得にかかる税金の計算方法は?

まず、「1~12月までの勝ち金」に対して税金が発生します。

1レースごとに課税されるようなことはありません。

そして競馬における「経費」とは、「馬券の購入費用」のことですよね。

しかし、「当たった馬券」以外は経費として扱うことができないので気を付けましょう。

例えば「『5の単勝』と『2‐5‐10の馬連ボックス』を買ったが、『5の単勝』しか的中しなかった」という場合。

このときは、「『5の単勝』を買った分のお金」しか経費として認められません。

とにかく、「当たらなかった分は経費にならない」と考えておきましょう。

ただ、競馬ファンの方であれば

「的中しなかった馬券も経費として認められた実例があるよね?」

と感じると思います。

確かに、「『ギャンブル』ではなく、『資産運用』のレベルで資金・時間・労力を投じて、勝利している」とみなされれば、外れ馬券も経費として扱われる可能性があります。

ですから、あなたが「競馬による不労所得だけで生活できる」のであれば、「資産運用」だと判断してもらえるかもしれませんね。

まあ、もちろんそこまでたどり着くのは非常に難しいですけど……。

しかし、競馬による不労所得に対する税金の実情は……?

とはいえ、「競馬関連の税金など払ったことがない」という人が大半なのではないでしょうか。

実際、税金の徴収を徹底してしまえば、「トータルではマイナスになっているのに税金を払う人」が大量発生しますよね。

そんなことをすれば競馬人口が減るので、国もJRAも見て見ぬふりをしているというのが実情です。

ただし、

・毎回のように数百万円単位の勝負をしている

・高額配当があるたびにSNSやブログなどで公開している

などのことがあると、税務署にマークされる恐れがあるので気を付けてください。

「競馬による不労所得で暮らしている」というレベルになると、税務署のチェックが入る可能性が高くなってくるので、素直に確定申告をすることを推奨します。

まとめ

現実として、「競馬の不労所得にかかる税金は見逃されている状態」だと言えます。

ただし、かなり稼げるようになったり、「こんなに稼いでいるぞ!」と公にアピールしていたりすると税務署に注目されるかもしれないので要注意です!


財布の中身が寂しい人必見!!定期購入が必要のないビジネスとは?

タイトルとURLをコピーしました