勧誘しないネットワークビジネス集客法!

不労所得の税金はいくら稼げるようになったら支払うの?|キーワードは20・38

不労所得

財布の中身が寂しい人必見!!定期購入が必要のないビジネスとは?

ピンク服若い女性 お金PC

副業によって「プチ不労所得」が発生するようになったら、税金のことが心配になりますよね。

ここでは、「不労所得がいくらになったら税金を納めるのか」という超重要なことを解説していきます!

不労所得がいくらになったら税金を払う義務が生じる?:不労所得一本の場合

不労所得一本!

というノリで生活している場合は、不労所得がいくらになったら税金を払うのでしょうか。

結論から言いますと、1年間の所得が38万円に到達すると税金を納めることになります。

したがって「不労所得だけで暮らしている」のであれば、間違いなく税金が発生することになりますね。

しかし専業主婦などの場合は、「毎月入ってくるプチ不労所得がある」という規模の方もいると思います。
そういった皆さんはこの「38万円」というラインを意識しておくことをおすすめします。

ちなみに、本当に「不労所得だけで生活できている」場合は、
いっそ、完全に「不労」にするためにも税理士に税金の計算を任せるのも良いと思います。

「そこまで『不労』じゃなくてもいいよ!」という人でも、
節税に繋がるかもしれないので、一度は税理士と話をしてみてはいかがでしょうか。

不労所得がいくらになったら税金を払う義務が生じる?:本業がある場合

そして、「副業」によって不労所得を得ているのであれば、1年間の所得が20万円をオーバーすると税金が発生することになります。

本業にかける時間と労力が大きいのであれば、20万円に届かないということもありそうですよね。

実際、筆者も以前、副業として月2回、近所の農家の野菜の出荷の手伝いをしていたことがあります。

1日3時間ほどの労働。

給料はいくらだったかというと、日給で4000円だったので、月間の所得は8000円。

年間では9.6万円の稼ぎだったので、そこには税金がかかりませんでした。
(まあ、コレ不労所得ではないですけどね……)

・税金の計算や支払いがかなり面倒に感じる

・本業が忙しくてあまり時間が取れない

・でも、ちょっとは不労所得が欲しい

というのであれば、月間の不労所得が1.5万円くらいになる副業を始めてみてはいかがでしょうか。

まとめ

不労所得が20万円(本業がある)、38万円(本業がない)を超えると税金が発生します。

とりあえず20(38)という数字を覚えておくだけでも、

「いくらから税金を納めることになるんだっけ……?」と迷うことはなくなりそうですね。

財布の中身が寂しい人必見!!定期購入が必要のないビジネスとは?

タイトルとURLをコピーしました