勧誘しないネットワークビジネス集客法!

グラントイーワンズを副業にするには。理解している人だけが得をする!

グラントイーワンズ


寝ている間にダウンをざっくざく集められる魔法のような方法とは?

グラントイーワンズに限らずネットワークビジネスは「たくさんお金を稼ぎたい!」と考えてスタートする人が大半です。

「月収100万円!」と真剣に語る人もいます。

ネットワークビジネスに着手する人の中には、そういった一見無理そうなことでも実現できると確信している方が少なくありません。

なぜならMLMの企業の中には、月収数千万、少なくとも数百万レベルの超上級者を、言葉は悪いですが「客寄せパンダ」として使って宣伝しているところがたくさんあるからです。

このようなネットワークビジネスのイベントに出席すると「私にもできそう」「私も同じ立場になれる」というイメージを抱いてしまうというわけですね。

当然、ネットワークビジネスをするのであれば目標を持つべきです。

しかし、現実味のない目標を立てるのはよくありません。

本当に誰でも月収100万円を容易に達成できるのであれば、世界中のほとんどの人がネットワークビジネスに取り組んでいるはずです。

実際にはトップ層しか月収100万円に届いていません。

グラントイーワンズに限らずネットビジネスを本業にするには、一定以上の労力が当然かかります。

グラントイーワンズに取り組む真の目的は?

まず、グラントイーワンズに限らずネットワークビジネスを適切にコツコツ続けていれば、いつかお金持ちになることが可能です。

ですが、グラントイーワンズ等のネットビジネスを妙な目的や動機で始めた場合は、お金持ちになることは叶いません。

ネットワークビジネスをはコツコツ取り組めば成果が出ます。

しかし、時間を費やさないと成果は出ません。

大半の方は、成果が出る前に諦めてしまいます。

ですから「即、お金持ちになりたい!」と考えているようでは成果は出ません。

「将来的にお金持ちになる!」と考えて、そのために適切に努力している人こそが本当にお金持ちになるのです。

まずは、グラントイーワンズ等のネットワークビジネスに取り組む理由や動機。

そして、叶えたい目標などを自分の中でハッキリさせなければなりません。

副業としてグラントイーワンズをスタートさせましょう

「副業」として、グラントイーワンズ等のネットワークビジネスをスタートさせましょう。そのほうが継続しやすいです。

副業であればなかなか利益が出なくても、本業によって生活費を稼ぐことができます。

副業としてグラントイーワンズを継続して、「毎月本業以上に稼げそう」な状態になったら、本業に昇格させることを検討しましょう。

当然、副業のまま継続するのも良いでしょう。

人生はどうなるか分かりませんから、本業・副業があった方が穏やかに生活できるかもしれません。

しかし、ネットワークビジネスでお金持ちになりたいと真剣に考えている場合は、利益を安定して出せるようになった段階からでも構わないので、やはり本業にしたほうが良いです。

「副業」に留めていると、費やせる時間が少なくなるからです。

努力と勉強を頑張らないと成功することは叶いません。

もちろん「生活費の足しになればいい」というくらいなのであれば副業のままで構いませんが、

「お金持ちになる!」という夢がある場合はグラントイーワンズを本業にしていきましょう。

企業によってはグラントイーワンズ等の副業ができない場合も

寝不足で故障されると困る。

本業へのやる気が下がるかもしれない。

本業への集中力が下がると困る。

などの懸念から副業を禁じている企業が少なくありません。

ただ、近年は副業を許可する会社が多くなってきました。

残業関連の見直しなどで給与がダウンしたぶん、副業でカバーしても構いませんよ、という流れです。

それでも、勤め先に知られずに副業をしたいという人が大半なのではないでしょうか。

ことにグラントイーワンズ等のネットワークビジネスをしていることは、上司などには話せないと思います。

強引に同僚や上司にネットワークビジネスの一環としてアイテムやサービスを紹介しようものなら、解雇されてしまう恐れもあります。

ですからリストアップをするにしても、会社の関係者は確実に除外しておきましょう。

しかし、もう離職しても良いくらいにグラントイーワンズで利益が出せるようになっているのであれば、ダメ元で同僚や上司を勧誘してみるという手も一応あります。

まあ、それで強制的に解雇されるよりは、最初から穏やかに自主退社したほうが良いとは思いますが……。

勤め先に知られずにグラントイーワンズ等の副業の確定申告を行うには?

副業の収入が年間20万円を超えると、グラントイーワンズに限らず確定申告を行う必要があります。

しかし副業に関する確定申告を行うと、「副業の収入に関する住民税」という余計なものが発生するので、勤め先にバレてしまう可能性が高いです。

しかし「住民税・事業税に関する事項」で、住民税の納め方を選ぶことができますので、

そこで「自分で納税」をチョイスしてください(一方の「給与から天引き」にすると勤め先にバレてしまいます)。

そして、自ら住民税を納めに行きましょう。

ただし、これでも勤め先に(副業の収入についての住民税に関する)通知が届いてしまう自治体もあるので、

自治体の担当スタッフに確認しておいたほうが無難です。

しかし「住民税を自ら納める」という不自然な行動に対して、上司などが「なんで?」と質問してくるかもしれないので、無理のない言い訳を用意しておいてくださいね。

まとめ

やはりまずは、グラントイーワンズは副業として取り組むのがおすすめです。

軌道に乗ったのであれば、本業にすることも選択肢に入れてみましょう。

そして、本業並みに稼げるようになったら、仕事を辞めるかを考えるようにしましょう。


財布の中身が寂しい人必見!!定期購入が必要のないビジネスとは?

タイトルとURLをコピーしました