勧誘しないネットワークビジネス集客法!

不労所得

不労所得

不労所得の税金はいくら稼げるようになったら支払うの?|キーワードは20・38

本業がある場合は不労所得が年間20万円、本業がない場合は38万円に到達すると税金が発生する。20・38という数字を知っておけば「いくらから……?」と混乱することもなくなるだろう。忙しい会社員などは、不労所得が月1.5万円前後になるプチ副業をするのもいいだろう。
不労所得

不労所得にかかる税金の計算方法は?|税理士に丸投げするのもアリ!?

不労所得にかかる税金に関しては累進課税制度が適用されることが多い。細かく計算すると大変だが、現実にはそこまでこだわらずとも問題はない。専門家に計算を代行してもらいたくなるレベルまで不労所得が発生するようになったら、税理士を使うことも検討すべき。
不労所得

サラリーマンの不労所得にかかる税金について【おすすめ副業情報も】

サラリーマンの不労所得が年間20万円を超えたら税金を支払う必要がある。自力で確定申告をするのが普通だが、不労所得が多くなってきたら税理士に任せるのも良い。節税のために個人事業主になる手もある。「資産」を使って不労所得を生み出すプチ副業もおすすめ。
不労所得

株式投資で発生する不労所得にかかる税金を支払うのはかなり楽!

株式投資で発生した不労所得にかかる税金は「約2割」と考えればいい。売買手数料などの関係上、厳密に計算するには労力がかかるが「特定口座(源泉徴収つき)」を使えば、その手間もなくなる。NISAや積立NISAを利用すれば、5年(20年)間は税金が激減するので検討されたし。
不労所得

不動産による不労所得に対する税金はどう計算する?|賃料未納に要注意

財布の中身が寂しい人必見!!定期購入が必要のないビジネスとは? 近年は、管理・維持などをアウトソーシングすることによって、 不動産経営を「自分の労力」をあまりかけずに行えるようになっています。 では、そうして発生...
不労所得

不労所得の税金関連で「ばれる」二つのパターン!必ず納税しましょう

財布の中身が寂しい人必見!!定期購入が必要のないビジネスとは? 「不労所得」というのは基本的には副業によって得るでしょうから、場合によっては隠しておきたいと感じることもあるはずです。 しかし、「職場に対して隠す」のは...
不労所得

無職の人も要注意!不労所得にかかる税金について

無職でも不労所得が年間38万円以上になったら確定申告をして税金を納める義務が生じる。年間38万円未満であっても、住民税が低くなる場合があるなどのメリットがあるので確定申告をすべき。楽に確定申告ができるシステムが整っているので、あまり労力はかからない。
不労所得

競馬による不労所得にかかる税金|「規則」と「実態」は異なる……?

法的に言えば競馬による不労所得の税金は高額になりやすいが、実際のところは競馬による稼ぎが非常に高いというのでなければ、納税しなくてもほぼ問題はない。ただし、競馬だけで暮らしていけるほどの利益が出ているようだと税務署に睨まれる恐れがある
タイトルとURLをコピーしました